プロフィール

豆  日和

Author:豆  日和
犬は家族です。
趣味は 手作りです。
『NoDogNoLife+M's』として活動中!!

大好きに囲まれて暮らしたい日々

愛犬達との日々 
ただの日常
好き過ぎる趣味たち 

たまに独り言
美味しかった食べ物
妄想劇場(現実逃避)

楽しい毎日を
綴って行きたい思います。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新コメント

最新記事

カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
 
通常更新ではないので・・・

スルーしていってくださいね









はざまとは・・・

○○と○○の 間・狭間・羽間(はざま)

古くは・・はさまっと読むそうです









あずきちゃんが・・・

幾度となく押し寄せる痙攣発作の末に

もがき うめき 苦しみ

力尽きた後の 最後のお顔は

険しくも 苦しい 恐ろしい顔だった





悲しくて悲しくて写真に収めることは出来ませんでした

写真を撮るべきではないとも・・・




そして・・・顔を直視することさえも

家族みんな出来ませんでした。








硬直して固まってしまった体を優しくなで

ぬるま湯に浸しきつく絞ったタオルで体をふいてやりました

少しブラシをかけて

少し頭と体の部分から毛を切り取りました

今思えば 爪も切って残せばよかったとも思いました



暑い時期なので、アイスノンを敷き詰め

タオル ペットシーツをのせ

体が濡れてしまわないように上に寝かせ

部屋をクーラーで冷やし続けました









一晩 傍で眠りに付きました

よく平気で寝れたものだなっと自身でも思いましたが

私自身も限界だったのかもしれません







夜中に・・・誰かが 

女性  髪形は 肩くらいまでの長さ

あずきちゃんの祭壇にじっと手を合わせていたそうです

ソレは怖さも不気味さもなく

ただただ・・・ああ  お参りしてくれてるんだなっと感じたそうです





今をもっても 誰がお参りしてくれたのかは分かりません

少し不思議な出来事が続くお盆のころを迎えます


今年はどんな はざまを感じるのか・・・

少し興味があったりなかったりするのです。





実家の小動物用の斎場に着いて

連れて行った箱から

あずきを取り出した時のお顔は




穏やかに戻り 少しほっとしたような顔でした





険しい 苦しい 恐ろしい 魂の抜けたカラッポの顔でなく

少し顔色も戻り 穏やかな 苦しい顔でなかったことに驚きました



斎場のまさに火葬炉の前室の台に乗せた時の顔

家族で ああいい顔に戻ってるよねって話しました



さすがに・・・写真は撮りませんでした
スポンサーサイト

<< 残暑 | ホーム | 3回忌 >>



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP